Web広告(ウェブ広告、インターネット広告、デジタル広告、リスティング広告)はやった方がよい?

2021年05月30日 (更新日:2022年03月10日)

結論

行った方が良いと考えます。

理由

既存メディア(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、折込チラシなど)と比較してもインターネット利用者は多く、インターネットの接触時間も増加しています。加えて、低価格で、効果測定が可能で、細かいターゲティングができ、個人でも掲載ができるのが理由です。

 

インターネットの接触時間が増えている

商品・サービスを認知させる手段の一つとして広告があります。
2019年にネット広告費がテレビ広告費を抜き今なお成長しています。
広告は、沢山の人に露出する場所に掲載する方が効果があるのは当然のことで、つまりそれだけインターネットを閲覧する利用者、接触時間が増えいているためこの結果になっている考えられます。

 

低価格

一日100円からの予算で始められ、いつでも配信、停止が行えるため気軽に始められます。

 

効果測定が可能

広告経由のアクションや表示回数、クリック率や競合指標などを確認できるため、運用しながら広告の効果を改善していくことが可能です。

 

ターゲティング

地域、性別、年齢、興味関心などでターゲティングが可能で効率良く配信できます。

 

個人でも掲載可能

媒体のアカウントとクレジットカードがあれば出稿可能なことがほとんどです。
広告を掲載するだけであればそれほど難しくはありません。
しかし、クリック単価下げたりなど、獲得単価を意識した運用には経験が必要になってきます。
しっかりとした運用を行えるようになるには、半年~1年の期間が必要です。
初めは無駄遣いが多いですが経験することで無駄をなくしていくこができるようになります。

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10