リスティング広告代理店(web広告代理店)は何をしているのか。リスティング広告の運用を委託しても良いのか!?

2022年01月20日 (更新日:2022年03月10日)

広告代理店のイメージ写真

リスティング広告代理店(web広告代理店)は何をしているのか。
リスティング広告の運用を委託しても良いのか!?

リスティング広告代理店とは、リスティング広告(検索広告)を広告主に代わって運用を代行している会社になります。
リスティング広告(検索)とは、GoogleやYahooの検索結果の画面の上部に出てくるテキスト広告の事です。

結論

リスティング広告代理店に任せれば、広告予算に応じた最適な運用をしてくれる。
ただし、少額予算が得意、多額予算が得意、○○○業界が得意など、代理店ごとに特色がありますので検討が必要です。
自社でやる場合は、半年程度の経験が必要だと思います。
また、自社運用は他の広告と比較できませんので、結果の良い悪いの判断が難しくなります。
ただ、リスティング広告運用に正解はありませんので、費用対効果が合っていれば正解と思っても良いと思います。


そもそも、リスティング広告は、広告主自身で配信可能

そもそも、リスティング広告は、広告主自身で配信可能なのですがなぜリスティング広告代理店に委託をするのかを説明したいと思います。

前提として、当社の経験の話になりますのでご注意ください。
まず当社は、地方にあることから地方の少額予算の案件を多く扱っています。
月額5万円、10万円の案件がほとんです。

リスティング広告は、入札でクリック単価が決まります。
日々、競合も動いていますので変動するクリック単価を監視しながら調整を入れることで良い成果が図れます。
そのため、広告運用という言われ方をします。

 

リスティング広告の配信までの流れ

1)企画提案

 

  • 広告の目的など企画提案

2)初期設定作業

 

  • アカウント作成
  • 支払い設定
  • アカウント構築
  • キーワード選定・入稿
  • 広告文作成
  • ターゲティング設定

などになります。

3)運用業務

 

  • 日次:予算管理
  • 週次:広告配信確認
  • 月次:キーワード確認、広告文確認

などになります。

4)報告業務

 

  • 週次:レポート提出
  • 月次:レポート提出、ご請求
    問い合わせがあれば、運用所感を報告

などが主な業務になります。

 

初期設定作業について

自社で運用する場合、初見は媒体の管理画面が複雑で分かりにくいですが、ネットで情報を見ながら進めればなんとか入稿作業ができるかと思います。
ですが、リスティング広告代理店にまかせればこれらの作業はすべてお任せでき、また最適なアカウントで構築をしてくれます。

 

広告運用の作業について

キャンペーン設定を自動入札で、クリック数の最大化、コンバージョン数の最大などで設定してしまえばすべて自動でお任せできます。
ただ、5万円などの少額予算の場合なかなか成果が達成できないという状況になりかねません。
どういう事かと申しますと、自動入札は、個別にクリック単価を設定しているわけではないので、コンバージョンが取れなければどんどん単価を上げてコンバージョンを取りに行くような動きがみられるからです。
つまり、クリック単価が高くなってしまう傾向があるように感じます。

そもそも、5万円程度の少額予算の場合は、できるだけ安いクリック単価で多くの流入をさせた方が結果的に成果がとれるケースが多いと感じています。
コンバージョン率を1%→10%に上げることはほぼ不可能ですが、流入数を1回→10回にするのは可能です。
200円のクリック単価を20円になるように調整すれば良いということです。
母数が増えれば、コンバージョン率が上がらなくても、コンバージョン数は増やせるという考え方です。

リスティング広告の運用は経験値が大きく、感覚的な判断に基づくことが多いと感じ、また暗黙知として個人にスキルが溜まっていくものだと思っています。
つまり、リスティング広告代理店に任せれば、その経験値を使用して良い成果を出すことが可能ということになります。
自社運用の場合には、半年程度の経験が必要になってくると思います。

 

報告業務について

リスティング広告代理店はレポーティングツールを使用してレポートを作成してくれます。
そのため、視覚的にも見やすいものを提出してくれると思いますので、この点もリスティング広告代理店に依頼するメリットだと思います。

 

最後に、意外と知らない支払い方法

リスティング広告を経験していないとあまり知らないのですが、支払いについては基本的にクレジットカード払いになります。
会社によってはクレジットカード払いの手続きに手間があるため代理店へ依頼するケースもあります。
Goolge、Yahoo、Facbook、LINE、Twitter、TikTokなど基本的にクレジットカード払いです。
請求書払いは、Google、Yahooで取扱いがありますが、Yahooは一部の広告代理店、Googleは、1広告アカウントが、過去12か月のうち、お支払い額が50万円以上の月が3回以上あることが条件となっています。

 

その他、おすすめ記事

 

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10