web広告(リスティング広告)っていくらから配信できるの?予算の決め方はどうすればいいの?

2022年01月18日 (更新日:2022年03月10日)

写真のイメージ

web広告(リスティング広告)っていくらから配信できるの?予算の決め方はどうすればいいの?

結論

結論は、地方の少額予算であれば、1媒体3万~、5万円あればそれなりに効果あり。
ただし、リスティング広告に限ります。

web広告の予算の決め方ですが、当社は地方にあり、扱っている案件のほとんどが少額予算になります。
具体的には、月額5万円、10万円といった予算感です。

web広告は、実際にGoogleやYahoo!に支払う媒体費と代行会社へ委託する場合は代行手数料が媒体費の20~30%が必要になってきます。
少額予算の場合は最低手数料として3万円~のところが多いのではないでしょうか。

予算の決め方

予算の決め方ですが、媒体費の決め方という内容で書かせていただきます。
結論で書かせていただきましたが、リスティング広告で1媒体5万円あれば十分効果があります。
手数料が3万円だとすると、月額のお支払いは8万円という事になります。


また、注意点として、単価が低い、利益率が低い商品・サービスの場合は費用対効果が合わないことがありますので注意が必要です。
5万円程度であれば、平均的なコンバージョン単価は1万円程度になると思いますので、1件で粗利が最低でも1.6万円必要になる計算です。
(手数料の3万円を含めて、8万円÷5=1.6万円)

運用期間がすごく大切です

運用期間がすごく大切です。
運用期間中に効果検証、改善活動が必要ですので3ヶ月以上の運用をまずはお勧めします。
当社では、

  • 1ヶ月目:情報取集期間
  • 2ヶ月目:チューニング期間
  • 3ヶ月目:獲得期間

としています。
3ヶ月が終了しても成果が見合わない場合は、一旦停止してしまって問題ないと思います。
恐らくですが、この場合このまま継続しても成果を得ることは難しいでしょう。
もしかすると、商品・サービスの内容の改善が必要かもしれません。

また、1ヶ月目は、Google、Yahoo!の両方に配信することをお勧めします。
どちらかにコンバージョンが偏っているようであれば配信媒体を絞っていまって問題ありません。
できれば、どちらに媒体を絞ることをお勧めします。

まとめ

地方の少額予算であれば、1媒体5万円で効果あり。
成果を求めるのであればリスティング広告の一択で問題ない。
3ヶ月運用して様子を見る。
3ヶ月運用して成果が無ければ一旦停止して商品・サービスの内容の見直しが必要かも。
低単価、低粗利は、費用対効果をよく考える。

また、広告主様に限りますが、無料シミュレーションを行っていますのでぜひお申し込みください。

web広告のお問い合わせはこちら

 

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10