Google広告の「最適化案」とは?すべて実行すべき?最適化案は、メリット・デメリットがあります。

2022年03月02日 (更新日:2022年03月10日)

Google広告の「最適化案」とは?すべて実行すべき?
種類と注意点について。

最適化案とは

キャンペーンの改善をサポートする機能です。
キャンペーンの掲載結果を改善できるよう、アカウントごとにカスタマイズされた改善案です。新しい関連機能を紹介するほか、入札単価、キーワード、広告を改善して予算を効率的に活用する方法を提案し、キャンペーンの全体的な掲載結果と効率の向上を支援します。

https://support.google.com/google-ads/answer/3448398?hl=ja

 

最適化案の種類

広告と広告表示オプション

広告を微調整したり、新しい広告を作成したり、成果の高い広告を最も頻繁に表示したり、広告を最適な広告グループにまとめたりできます。

自動化されたキャンペーン

キャンペーン管理がシンプルになり、自動入札、ターゲティング、広告作成で成果を最大限に高めることができます。

入札単価と予算

ビジネス目標に応じた最適な入札戦略を見つけ、予算による制限の発生を防ぐことができます。

キーワードとターゲット設定

商品やサービスに関心を持っているより多くのユーザーに広告を表示できるようになります。

問題の修正

アカウントの問題を解決して、全体の健全性と掲載結果を改善する項目

 

最適化案の注意点

積極的に行っても問題ないと判断するもの

  • 広告と広告表示オプション

広告の設定内容が不足しているものになりますので積極的に行って問題ないと判断します。

積極的に行わず注意するもの

  • 入札単価と予算
  • キーワードとターゲット設定

行うと予算が膨らんでしまいますので本当に行うべきか判断が必要です。
あくまでも予測に基づく施策であるため成果につながる保証はありません。

 

まとめ

最適化案は、メリット、デメリットがありますのでよく見極めながら実行する必要があります。

 

その他おすすめの記事

 

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10