Adobe Illustratorなど複数の製品に緊急の脆弱性を確認。セキュリティアップデートをリリース

2022年03月16日 (更新日:2022年03月16日)

【Adobe製品に脆弱性】Adobe Illustratorなど複数の製品に緊急の脆弱を確認。
キュリティアップデートをリリース

米コンピュータ緊急事態対策チームは、Adobeの複数の製品に複数の脆弱性が存在すると伝えている。
これら脆弱性を悪用されると、影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある。

https://www.cisa.gov/uscert/ncas/current-activity/2022/03/08/adobe-releases-security-updates-multiple-products

アドビは、複数の製品の脆弱性に対処するためのセキュリティアップデートをリリースしました。攻撃者はこれらの脆弱性のいくつかを悪用して、影響を受けるシステムを制御する可能性があります。

CISAは、ユーザーと管理者が次のアドビセキュリティ情報を確認し、必要な更新を適用することをお勧めします。

 

セキュリティのためバージョンアップは必要だが、バージョンアップすることでこれまでの制作素材への影響、互換性に注意が必要だ。


脆弱性が存在するとされるバージョン

  • Photoshop 2021 22.5.5およびこれよりも前のバージョン (Windows版、macOS版)
  • Photoshop 2022 23.1.1およびこれよりも前のバージョン (Windows版、macOS版)
  • Illustrator 2022 26.0.3およびこれよりも前のバージョン (Windows版、macOS版)
  • Adobe After Effects 22.2およびこれよりも前のバージョン (Windows版、macOS版)
  • Adobe After Effects 18.4.4およびこれよりも前のバージョン (Windows版、macOS版)

脆弱性が修正されたバージョン

  • Photoshop 2021 22.5.6 (Windows版、macOS版)
  • Photoshop 2022 23.2 (Windows版、macOS版)
  • Illustrator 2022 26.1.0 (Windows版、macOS版)
  • Adobe After Effects 22.2.1 (Windows版、macOS版)
  • Adobe After Effects 18.4.5 (Windows版、macOS版)
コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10