【解説】web広告運用(リスティング広告運用)って何をしているの?代行費用(運用手数料)って何?

2022年01月06日 (更新日:2022年03月10日)

【解説】web広告運用(リスティング広告運用)って何をしているの?代行費用(運用手数料)って何?

web広告(リスティング広告)には広告枠という考え方がありません

web広告は、マス広告(新聞、テレビ、ラジオ、雑誌)の様に広告枠という考え方がありません。
web広告は、webサイトを閲覧するユーザーに広告を届けるという考えて方です。
webサイトを閲覧するユーザーが増えれば広告を配信する先が増える、いわゆる在庫が増えるという事になります。

web広告(リスティング広告)は人に広告を届けます

web広告は、配信時にターゲティングを設定します。
同じようなターゲティングをしたい人が増えることで広告が競合してきます。
競合はいつ参入してくるか分かりません、そのため日々のweb広告運用の状況把握が大切になってきます。

web広告運用は状況を把握すること

web広告運用の状況を把握する事、そして状況にあった改善を行う事を運用と言っております。
配信設定をしたら終わりではなく、配信の状況を監視しながら改善活動を行うことが大切です。
なぜなら、先ほども記述したように競合が参入することで状況が変わるからです。

web広告運用の作業は定期チェックが基本

web広告運用の作業として、日ごと、週ごと、月ごとの定期チェックを行い、改善を入れます。
日ごとは、予算管理など(予算の暴走はないか)、
週ごとは、広告が配信されているか(停止されていないか)
月ごとは、キーワードの見直し、クリエイティブの見直し
という形になります。

web広告運用の代行費用(運用手数料)とは

このweb広告運用の作業に対して代行費用(運用手数料)という形で代行する場合は作業費が発生します。
代行費用(運用手数料)の相場は20%~30%です。
広告の配信内容や予算によって変わってきます。

web広告運用という仕事のほとんどが東京に集中

web広告の運用という仕事のほとんどが東京に集中しています。
地方では、web広告運用という仕事を専門に行っている人はあまり多くないと思います。


また、web広告運用ができるようになるまでは半年くらいの期間が必要ではないかと思っております。
加えて、web広告運用は、実際にweb広告運用を経験するこで知識が身に付きます。
地方ではあまり案件が多くないためweb広告運用者が育たない原因と考えていますが、近年はweb広告の案件が増えていると実感しています。

また、山梨は、東京のすぐ隣のため山梨県内に東京からのweb広告運用会社の参入が多いように思います。

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10