Facebook広告がページの制限により広告が却下された時にやるべきこと。審査リクエストは48時間以上かかる。

2022年07月20日 (更新日:2022年08月03日)

Facebook広告がページの制限により広告が却下された時にやるべきこと。

 

補足:
Facebookページの管理者が審査リクエストを出すことですぐに解決されました。
広告管理権限で審査リクエストを出しても審査が進みませんでした。

 


広告は停止されています
このページは広告を許可されていないため、広告は停止されています。

上記メッセージが出たためチャットで問い合わせた内容をまとめました。
Meta社へのチャットの問合せはこちらからできます。
https://www.facebook.com/business/help/support/get-help

 

審査リクエストを待つしかない。

ページの審査リクエストを行って48時間以上たってもステータスが審査中のまま。
結論は、審査が終わるまでとにかく待つしかないです。
担当部者が混雑してる場合は、通常より時間がかかるようです。
審査はかならず行われアカウントクオリティ画面で確認ができるようになります。


–Meta社—
・現在担当部署が混雑しているようで、通常よりお時間がかかっているようでございます。
・恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただければと存じます。
・ただお時間かかる場合もございますことをご理解いただければと存じます。
———-

 

ページの制限について気を付けたいこと

ページの信頼性を高める

Facebookは現実に存在する確かなビジネスとユーザーをつなぎたいと考えています。
そのため、広告のクリエイティブのみならず広告配信元のページ(広告に表示する名前で選択するページ)については以下に気を付ける。

 

  • ページ情報はできるだけ正しく詳しい情報を入力し実在するビジネスであることを提示 アイコン写真は必ず設定する
  • ページは企業やブランド、商品や著名人などをアピールするための、Facebook上のホームページのような存在です 定期的な投稿を心がけ現在確かに運営中であることを示す
  • ページではユーザー(フォロワー)との誠実なやり取りを心がける
  • 多くのユーザーのポジティブな反応(いいね!やシェア)を受けフォロワーを獲得する


ユーザーのネガティブな反応を受けない、魅力的なクリエイティブで広告アカウントの信頼性を高める

クリエイティブとは、画像、テキスト、タイトル、ランディングページ先の内容すべてを指します。
それらについてポリシーに準拠するよう努めます。

 

まとめ

Facebookページが運用中であることを示すために、ページの情報や投稿をしっかり行う事が必要のようです。
あとは、審査リクエストを待つということのようです。
48時間以内には終わらないと思っていた方が良いかもしれません。

 

その他おすすめ記事

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10