地方におけるフリーペーパーの広告効果について考えてみた。Web広告と比べてどうなの?

2022年02月16日 (更新日:2022年03月10日)

地方におけるフリーペーパーの広告効果について考えてみた。
Web広告と比べてどうなの?

フリーペーパーは、冊子を手にして広告を見た人に商品・サービス知ってもらうきっかけをつくります。
そこで、広告効果について、認知拡大と顧客獲得という視点で考えみたいと思います。

仮に、お店は美容室だとしておきましょう。

 

認知拡大の広告効果について考える

フリーペーパーの場合

例えば、フリーペーパーの発行部数が、月50,000万部として、仮に全部が人の手に渡ったとします。
1ヶ月の広告費は最小枠の10,000円とします。
これは広告枠に出すだけで月1万円がかならず必要という事になります。
仮に一人だけしかみなかった場合は、一人に広告を見せるのに10,000円の費用がかかったという事になります。
逆に、50,000部すべてが人の手に渡り、全員が広告を見た場合は、50,000人に広告を見せることができ、、10,000円÷50,000円で一人当たり0.2円で広告を見せたという計算になります。

もう少し現実的に考えてみる

50,000部発行されて、平均的な廃棄率は30%ですので、35,000部が人の手に渡ったとします。
広告の視認率を仮に10%だとすると3,500人が広告を見たことになります。
つまり、広告を見せるのに10,000円÷3,500人=2.857円/人という事になります。
だいぶ現実的な数字ではないでしょうか。

ただし、どんな人がフリーペーパー持っていったかは不明で、性別、年齢などはまったくわかりません。

Web広告の場合(Googleディスプレイ広告)

Googleディスプレイ広告は、年齢や興味関心でターゲティングができる事がそもそも大きな違いです。
Googleディスプレイ広告で10,000円分を掲載すると、100,000回程度表示されるのが相場です。
1回表示が大体0.1円程度となります。
また、Web広告はクリック課金のため、1回もクリックされなければ費用は0円です。
つまり、広告を出すだけなら費用はかかりません。
クリックされて初めて費用がかかります。


視認範囲の表示が大体80%程度ですので、80,000回広告が見られたということになります。
一人当たりの平均表示回数を2.5回とすると、
80,000回÷2.5=32,000人にリーチしたという事になります。
一人に広告を見せるのに
10,000円÷32,000人=0.3125円
という計算になります。

フリーペーパーとWeb広告を比較してみる

一人に広告を届けるのに、フリーペーパーは、2.857円。
Web広告は、0.3125円となり、Web広告は1/9の費用で掲載できるという事になります。
しかも、ターゲティングが可能です。

また、フリーペーパーは、50,000部という上限があり、いくらお金出してもリーチを広げることができません。
しかし、Web広告は、費用をかければかけた分だけリーチが確実にとれるという仕組みになっています。

web広告

  • Web広告は、広告枠に出すのではなく、人に届ける。
  • Web広告を出すだけでは費用がかからない。クリックされて初めて課金される。

フリーペーパー

  • フリーペーパーは、広告枠に出す。
  • フリーペーパーは、広告を出すのに費用がかかる。

 

顧客獲得の広告効果について考えてみる

フリーペーパーの場合

先ほどの数値を利用して、3,500人が広告を見た場合、
興味を持った人が仮に0.05%だとすると
3,500人×0.05%=1.75人
という計算になります。
成約は、ここからさらに絞り込まれますのでかなり難しい数字になりそうです。

Web広告の場合

Googleリスティング広告を掲載した場合、平均的なクリック単価は100円、獲得率を平均的な数値で1%とした場合、一人の人が成約につながるかなというイメージになります。
これは、リスティング広告は、自ら検索をして、検索結果の広告をクリックしているため、興味度が非常に高いからです。

Web広告は、広告の目的によって種類を使い分けることができ費用対効果を高めることが可能です。

 

店舗集客にお勧めのWeb広告

美容室など限られた商圏、半径5Km程度などの場合には、Google広告は半径指定が可能なため効果的な広告配信ができます。
予算も、1日100円から設定が可能です。

店舗への集客は、Googleのリスティング広告とローカルキャンペーンは非常に効果的です。

特に、Googleローカルキャンペーは店舗集客に特化したプロモーションと言って良いと思います。
Googleビジネスプロフィールと連携する事で、GoogleMap上に広告を出すことが可能になっています。


最近は、Googleマップでお店を探す人が非常に多くなっていますので効果は高いと思います。
マップ検索と言ったらGoogleMapです。

ローカルキャンペーンが向いている業種

  • 飲食店
  • カフェ
  • 美容室
  • 整体
  • 接骨院
  • エステ
  • 脱毛、植毛、かつら
  • ネイル
  • 動物病院、トリマー
  • ペット預かり
  • 歯科医院
  • 水道工事
  • 幼稚園
  • スイミングスクール、リトミック
  • 幼児英会話
  • ピアノ教室
  • 塾、予備校
  • 英会話スクール
  • スポーツクラブ
  • ゴルフレッスン、ヨガ
  • 中古車買取
  • 新車、中古車販売
  • 自動車整備工場
  • 板金塗装
  • 洗車・コーティング
  • 弁護士
  • 公認会計士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 鍵修理

など

web広告のお問い合わせがございましたらお気軽にご相談ください。

 

その他おすすめの記事

 

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10