新店舗オープン時の効果的な広告・告知はコレ!多くの人にお店を知ってもらう方法!飲食店などの新規オープンの広告方法!

2022年07月14日 (更新日:2022年09月16日)

 

新店舗オープン時の効果的な広告・告知方法。飲食店や美容院など新店舗オープン時は、まずは、多くの人に存在を知ってもらう事を目的とする。新規オープンの広告方法。

お問い合わせを多く頂いております。
順次ご対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

電話:055-231-3063
メール:info@ad-bind.com

新店舗オープンでこんなお悩みありませんか?

  • お店が知られていない
  • チラシを配ったけど効果がない
  • SNSを運用しているがフォロワーが増えない
  • グルメサイトの上位に表示されず見つけてもらえない

新店舗オープン時は、まずは知ってもらう事が最優先のため、安く早く、広く多くの人に届けられるGoogle広告をお勧めしています。
その後に、グルメポータルサイトの有料プラン掲載、Instagram、TwitterなどのSNSに運用を行っても遅くはありません。

 

 

宣伝方法のおすすめ順

  • 導入期:Google広告×Googleビジネスプロフィール(認知拡大)
  • 成長期:グルメポータルサイト(顧客獲得)
  • 成熟期:SNS運用(リピーター)

 

なぜGoogle広告×Googleビジネスプロフィールか

理由は、配信ボリュームにあります。
ディスプレイ系の広告は表示単価0.2円程度で配信できますので、仮にひと月に5万円配信すれば、25万回表示されることになります。
この露出回数を定額予算で、チラシやフリーペーパー、SNS運用で行うのはなかなか難しいです。
また、Google広告は、機械学習により、探している人、興味がある人、近くにいる人に直接広告を届けることが可能です。

 

消費者の多くは店舗に行く前にオンラインで情報収集を行っています。

お店や目的地を探す際にGoogleサービスで検索する機会が多い。

店舗への集客が重要なビジネスでは、例えばGoogleマップ上に店舗情報を公開することで、お客様に店舗を知って来店いただく機会を増やすことができます。
Googleマップ上に店舗情報を公開するためには、Googleビジネスプロフィールが必要です。
さらに、GoogleビジネスプロフィールとGoogle広告して広告配信すれば、店舗を見つけてもらえる確率がぐっと上がり集客効果の向上が期待できます。

Googleビジネスプロフィール×Google広告で告知して認知拡大!Web上に看板を設置する感覚!

Web上にGoogleビジネスプロフィール×Google広告を配信することは、Web上に看板を設置するという感覚です。
新規オープンや新商品など、知ってもらうための広告は、コストの安いWeb広告が断然お勧めです。
また、表示回数やクリック単価など効果測定ができるのもWeb広告のメリットです。

 

Googleビジネスプロフィール×Google広告を利用することの効果

自社サイトやSNS、ポータルサイトのご利用も重要ですが、新店舗オープン時はGoogle広告を利用することで、より広く、より多くの人にスピーディーに認知拡大できることが特徴です。
プッシュ型とプル型の両広告により、まだ気づいていない人、いま探している人に機械学習を使って効率的にアプローチすることができます。

 

Google広告の予算

Google広告も様々な種類がありますが、細く長く掲載することで記憶に残りやすく、想起も期待できます。
まずは、少額予算でオープンから1年程度の掲載をまずはお勧めしています。
Google広告を月額5万円×12ヶ月=60万円を、オープン時の広告予算として見積もっていただければ良いのではないでしょうか。
2年目からは、そもそも広告が必要か、あるいはどの媒体が良いかを検討して年間の広告予算を検討いただければと思います。
3年目以降など、SNS運用などのWeb集客が上手くいき広告に頼らず集客の流れを作れればベストです。

 

当社サービスで1ヶ月5万円で掲載した場合の参考例

(30日間の数値)

 

  • 地域や業種、店舗などの内容により数値が異なります。
  • 来店はGoogleの来店計測の数値です。Googleの来店計測には、広告のクリック数や表示回数と実店舗への来店数が十分にあることが必要です。利用要件を満たす場合に、来店計測が行われます。

 

Google経由の来店者数を調べられないと思っていませんか?

Google広告の機能を利用することで来店者数の計測を行います。

来店者数が多い店舗様は来店計測が可能になる場合があります!

【◎】
GPSやwifiの所在地を計測することで来店したお客様が、広告に接触した人かどうかを計測して集計することが可能です。

【✕】
DMやチラシ、新聞折り込み、テレビ、ラジオなどの貢献度を計測する場合は、アンケートやクーポン券の実施などで効果測定することが一般的ですがスタッフの手間やお客様の協力が必要です。
また、実施した施策をホームページのアクセス数から類推する方法も精度が低い事が課題です。

※Googleの来店計測には、クリック数や表示回数と実店舗への来店数が十分にあることが必要です。 利用要件を満たす場合に、来店計測が行われます。 詳しくはお問い合わせください。

 

おすすめ記事

 

お問い合わせ

当社は、GooglePartnerに認定されております。
新店舗オープン時のGoogle広告の掲載についてご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

電話:055-231-3063
メール:info@ad-bind.com

コスパ抜群!
Web広告・リスティング広告運用代行!

お問い合わせ

電話
055-231-3063
平日 9:00~17:00(休み:土日祝)

(株)山梨ニューメディアセンター

〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10